302号の爆乳奥さん。 由來ちとせ

302号の爆乳奥さん。 由來ちとせ
休日の朝、表が騒がしく目が覚めた僕。あぁ、お隣さんが引っ越してきたのか、どんな人かな?と玄関を開け覗いた僕の目の前に飛び込んできたのは、自己主張が激しすぎる胸の膨らみだった。あまりの大きさに驚いた僕。そして数時間後チャイムが鳴り出てみると、先ほどのご婦人が。隣に越してきた由來ですと微笑んでいた。少し動くだけでぶりんと弾み、お辞儀すればぶりんぶりんと、僕は目が離せなかった。彼女の甘い良い残り香に引き込まれ、僕はあの胸と戯れる妄想が膨らんでしまった。恥ずかしそうに、でもイヤらしく悶える彼女のおっぱいは柔らかく、挟んで揉んで窒息するほど埋めて、堪らなくなった僕は白濁液をぶっ放し、彼女も微笑みながら快感に身悶えていた。って、そんな事ないかぁ~。
続きを読む “302号の爆乳奥さん。 由來ちとせ”

本気汁垂れ流しで絶対秘密の逆夜這い!3

タイトル
淡泊な旦那を持つ性欲旺盛な嫁。欲求不満が募り眠れぬ日々が続くのだったが、ある日同居する義父のバキバキに反り勃つチンポを見て欲望が抑えられず、デカ乳にバキバキ勃起チンポを挟んで激しいパイズリ&義父に強引馬乗り生挿入!愛おしい夫への背徳感をよそに、義父と禁断の背徳中出しに連続絶頂!「もう、旦那とはSEXできなくなっちゃう…」とモノ申す本能嫁。
続きを読む “本気汁垂れ流しで絶対秘密の逆夜這い!3”

激震の爆乳 由來ちとせ

タイトル
僕の奥さんは『ちとせ』と言います。気立てが良くて可愛くて、しかもおっぱいが大きい!ただ、ちとせはうっかりが多くて、よくブラジャーをするのを忘れてしまうんです。家の中で僕だけなら、イチャイチャ揉み揉みするだけなんですが、父もいるので注意はするのですが、すぐに忘れてしまうんです。先日、姉夫婦が泊まりで遊びに来ました。やはりというかノーブラなちとせを見て二人とも固まってました。義兄はなるべく見ないようにしていたみたいですが、目に入る巨乳を見ない訳にはいかない。しかもノーブラで揺れている、そして事件が起こってしまいました。なんと義兄はちとせのノーブラのせいで妄想と現実が分からなくなってしまっていたのです。たしかに時折義兄が無言で頷いているのを見て、あ、変な事考えてるなぁと、でも男なら仕方がないなぁ、ちとせ早くブラをつけろ!と思っていました。この時何とかしていれば良かったと、今は後悔しています…。
続きを読む “激震の爆乳 由來ちとせ”

朝のゴミ捨て場ですれ違うノーブラ奥さん 由來ちとせ

タイトル
『ちとせ』はグチばかりこぼされ、セックスレスで枯れ果てた夫にうんざりしていた。ゴミ出しでノーブラ姿の彼女を見るのを、警備員の『ケン』は毎朝楽しみにしていた。ふとしたきっかけで二人は仲良くなるが、ノーブラを見て欲情した彼は彼女に関係を迫り、そのまま二人はセックスをする関係になる…。
続きを読む “朝のゴミ捨て場ですれ違うノーブラ奥さん 由來ちとせ”

ママショタ実話 由來ちとせ

タイトル
ちとせは夫と別れ、息子と二人で暮らしていた。そんなある日、息子の友人、武弘が遊びに来る。武弘はちとせの大きな胸に興味を持ち始め、ちとせの家に通い始める。武弘はちとせに甘え大きな胸を触ったり、一緒にお風呂に入ろうとせがんでくる。ちとせは武弘の強引なタッチに感じてきて、身体を許すようになってしまい…。
続きを読む “ママショタ実話 由來ちとせ”

子宮口直撃ピストンでイキまくる嫁に何度も中出し!

タイトル
マンネリ化した夫婦の性生活。痺れを切らした妻は決意のソープマット購入!旦那にローションぬるぬるプレイ決行するこつもりだったが予定よりも早く同居中の義父が帰宅!「敬老の日のプレゼントかい?」と勘違いした義父が嫁のデカ乳を舐め回し、パーフェクトボディーを堪能!一発発射したところで嫁の欲求不満が爆発!「お義父さん、どうせ血が繋がってるんだからオマンコにいっぱいちょうだい!」自ら腰を振り禁断の中出し懇願。
続きを読む “子宮口直撃ピストンでイキまくる嫁に何度も中出し!”