うちの妻にかぎって…妻は他の男にカラダを許したBEST6

うちの妻にかぎって…妻は他の男にカラダを許したBEST6
信じている嫁が、知らない所で誰かに淫らに染められていくという過程。浮ついた仕草の一つも見た事が無い、本当に身持ちが固い嫁には絶対的な信頼を寄せることができた。それなのに…。嘘のようなこの現実を受け止められる程、僕の心は強くない。心から愛している妻があんな奴と…。そうこれは、誰にでも起こりうる絶望。あなたも今まさに不思議と背筋がゾクゾクしているんじゃないですか?
続きを読む “うちの妻にかぎって…妻は他の男にカラダを許したBEST6”

昼は清楚な私が夜は変態性交を求めちゃう4時間

タイトル
ナマの肉棒で子宮奥を激しく突かれ、ザーメンを注がれることが大好きな10人の淫乱女たち。ローション代わりにディープスロートで肉棒を唾液まみれにすると、自ら肉壺を広げて腰を沈める。自分から一方的に腰を激しく暴れさせ胸を掻き毟るように激しく揉み、自分の愛液まみれの肉棒を口淫で掃除し、再度肉壺に迎え入れる。性器が肉打つ音と濃厚キスでピチャピチャする卑猥な音が彼等の興奮をエスカレートさせ、何度も中出し性交を重ねるのだった。
続きを読む “昼は清楚な私が夜は変態性交を求めちゃう4時間”

うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した24

タイトル
妻が浮気なんてするはずがない…。疑っている訳では決してなくて、好奇心とほんの少しのスリルが味わいたかっただけだと思う。なぜならそれくらいの自信が僕にはあったし、妻が他の男に言い寄られた時、徹底的に拒絶する姿を見て安心したかった。自分で言うのも恥ずかしいのだけれど、妻とは未だにラブラブなものだから周りから冷やかされるのも一度や二度の話じゃないし、結婚する前よりも僕のことが好きになってるんじゃないかと思ってしまうくらいなのだ。つまり簡単に言ってしまうと、僕に首ったけの妻が浮気をする隙なんて1ミクロンもない。そう思っていた…。
続きを読む “うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した24”