お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 金杉里織

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 金杉里織
妻の母親が久しぶりに上京し、我が家に泊まることになった。義母はいわゆるお母さんタイプのムチムチした体つきで、妻とは真逆な女性。僕は義母に少なからず行為を抱いており、今回の件も首を長くして待っていた。風呂上がりの義母はほんのりと上気した顔で可愛く見えた。僕はこっそり浴室へ向かい、義母の下着を物色した。小さく折りたたまれたソレをおもむろに嗅ぐと、義母の香りが僕の股間を刺激した。変態的自慰行為に夢中になっていると、なんと義母がやってきた。バツが悪そうな僕に義母は、出せていないんでしょ?と優しく聞くと、あの娘には内緒、今日だけ特別、と言い、僕も股間に顔を埋めた。ねっとり濃厚で絞り上げるようなフェラに僕は堪らず発射してしまった。まさか義母がこんな事をしてくれるなんてと嬉しくなった僕は、フェラだけで満足出来るはずもなく、夜、寝ている義母を襲ってしまった。嫌がっている風の義母だったが、挿入した辺りから様子が変わり、自らも腰を振り始め、僕を包み込んでくれた。
続きを読む “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 金杉里織”

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 金杉里織

タイトル
私は最近再婚いたしました。付き合っている時は大人しく健気で従順な女だったのですが、結婚してから豹変。恐妻家とはこの事なのだと理解した。常にヒステリックな妻に辟易していた矢先、元女房と偶然会いました。元女房は私より一回りほど上で、私が元女房を母親のように感じてしまい、別れてしまいました。久しぶりに会った元女房は変わらず笑顔で近況など話しました。お互い昔を懐かしんで話していくうち私はムラムラしてしまい、つい元女房を押し倒してしまいました。今の妻がさせてくれないクンニをし、妻がしてくれないフェラをして貰い、私たちは数年ぶりに合体しました。私もそうですが元女房も今の旦那の行為に満足できていなかったんでしょう。お互い貪るように求め合いました。それから暫くして、家のチャイムが鳴りました。出てみると元女房が立っていました。私は彼女の表情から全てを理解し、抱きしめ熱いキスをするのでした。
続きを読む “再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 金杉里織”